So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

チョコ君です、吉永小百合さん「海兵隊を東京に持ってきたら・・・」 [社会]






こんにちはチョコ君です。
DSC_0693.JPG

今日も暖かい、大好きな大きな公園へ(^_^)ニコニコ
1492937679129.jpg

遊んだね、サラダバーも( ^-^)_旦""
1492937723442.jpg

車に戻ってオヤツとご飯、そして「ペロリンチョ」
1492937608164.jpg

お庭に咲いてる、「お花さん」です。サクラソウ、デージー
FotorCreated1.jpg

花桃、白桃
FotorCreated.jpg

椿、沈丁花
FotorCreated4.jpg

スイセン、ムスカリ、、、、、
FotorCreate5.jpg




お話し変わります。

吉永小百合さん「海兵隊を東京に持ってきたら・・・」

吉永小百合さんが9日発売の週刊誌「女性自身」で
「新しい戦前」の到来をテーマにした東京大学名誉教授
の姜尚中さん(65)との緊急対談で明かした言葉!


沖縄県東村高江周辺のヘリパッド建設に住民らが反対し ていることに触れ

「そんなに必要なら海兵隊を東京に持ってきたらどうか
と思うくらい、申し訳ない気持ちがある」
と心境を吐露した。


吉永さんは政府に
「言葉では言い表せないほどつらい経験をしてきた沖縄 の人たちに、もっと人間らしい対応をしてほしいと思う 」と要望。

一方で
「なかなかそういう思いは、政治に反映されない。どう
いう形で政治をチェックし、参加していけばいいか思い 悩んでしまう」

とも述べ、複雑な思いをのぞかせた。

姜さんが

「今こうして話している間も、高江集落で建設反対の 住民に、政府の荒っぽい弾圧がある」

と触れたことに応じた。

2人は対談で、安保関連法案や改憲の動きに触れ、
日本が「新しい戦前」に向かいつつある危機感を共有。

吉永さんは

「人と人が手を携え、思っていることを声に出していく
こと。戦後71年、ここからが大事。戦後が80年
100年と続くように」

と語り、憲法9条を守る大切さを訴えた
(沖縄タイムスより)

今日のおまけです。
お家の庭の前の桜(街路樹)、満開です。
DSC_0626.JPG


今日も最後までお付き合いありがとうございました。

バイバイヾ(*゚ー゚)ノ~~~☆キラン♪☆~~~ヽ(^ー^*)ゝマタネッ!!















nice!(87)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

チョコです、愛子内親王、卒業文集の作文「世界の平和を願って」 [ちょっとお出かけ]





こんばんはチョコ君です。
DSC_0474~2.JPG

今日も暑かったですね、(;^_^A アセアセ・・・
前回記事の続き、宇治平等院&嵐山❷です。

今回は嵐山編、
綺麗な「桜の花」、同じ桜ですが色んな表情をパチリ
FotorCreated30.jpg

FotorCreated31.jpg

渡月橋、凄い人、人、人!
FotorCreated32.jpg

こんなん食べました「いちご大福」(・<;_;)ムシャムシャFotorCreated33.jpg

ここも、人、ひと、人、舞妓さんも!
FotorCreated35.jpg

ちりめんの吊るし飾りのお店です。
FotorCreated36.jpg




お話し変わります。

eda16d87ce25e10a80a459b770e1b013.jpg

愛子内親王が、中学の卒業文集に記した作文!!

「世界の平和を願って」との題で、昨年5月の修学旅行
広島市を訪れた際に感じたことや、平和への思いがつ
づられています。

素晴らしい作文です、是非とも読んで下さい。  

全文は次の通り(表記は原文通り)。

 世界の平和を願って 敬宮 愛子

卒業をひかえた冬の朝、急ぎ足で学校の門をくぐり、
ふと空を見上げた。雲一つない澄み渡った空がそこに
あった。
家族に見守られ、毎日学校で学べること、友達が待って
いてくれること…なんて幸せなのだろう。なんて平和な
のだろう。

青い空を見て、そんなことを心の中でつぶやいた。
このように私の意識が大きく変わったのは、中三の五月
に修学旅行で広島を訪れてからである。

原爆ドームを目の前にした私は、突然足が動かなくなっ
た。
まるで、七十一年前の八月六日、その日その場に自分が
いるように思えた。

ドーム型の鉄骨と外壁の一部だけが今も残っている原爆
ドーム。
写真で見たことはあったが、ここまで悲惨な状態である
ことに衝撃を受けた。

平和記念資料館には、焼け焦げた姿で亡くなっている
子供が抱えていたお弁当箱、熱線や放射能による人体へ
の被害、後遺症など様々な展示があった。これが実際に
起きたことなのか、と私は目を疑った。

平常心で見ることはできなかった。そして、何よりも、
原爆が何十万人という人の命を奪ったことに、怒りと悲
しみを覚えた。

命が助かっても、家族を失い、支えてくれる人も失い、
生きていく希望も失い、人々はどのような気持ちで毎日
を過ごしていたのだろうか。
私には想像もつかなかった。

最初に七十一年前の八月六日に自分がいるように思えた
のは、被害にあった人々の苦しみ、無念さが伝わってき
たからに違いない。
これは、本当に原爆が落ちた場所を実際に見なければ感
じることのできない貴重な体験であった。


その二週間後、アメリカのオバマ大統領も広島を訪問さ
れ、「共に、平和を広め、核兵器のない世界を追求する
勇気を持とう」と説いた。

オバマ大統領は、自らの手で折った二羽の折り鶴に、そ
の思いを込めて、平和記念資料館にそっと置いていかれ
たそうだ。

私たちも皆で折ってつなげた千羽鶴を手向けた。私たち
の千羽鶴の他、この地を訪れた多くの人々が捧げた千羽
鶴、世界中から届けられた千羽鶴、沢山の折り鶴を見た
ときに、皆の思いは一つであることに改めて気づかされ
た。

平和記念公園の中で、ずっと燃え続けている
「平和の灯」。
これには、核兵器が地球上から姿を消す日まで燃やし続
けようという願いが込められている。
この灯は、平和のシンボルとして様々な行事で採火され
ている。

原爆死没者慰霊碑の前に立ったとき、平和の灯の向こう
に原爆ドームが見えた。
間近で見た悲惨な原爆ドームとは違って、皆の深い願い
や思いがアーチの中に包まれ、原爆ドームが守られてい
るように思われた。

「平和とは何か」ということを考える原点がここにあっ
た。

平和を願わない人はいない。だから、私たちは度々
「平和」「平和」と口に出して言う。
しかし、世界の平和の実現は容易ではない。
今でも世界の各地で紛争に苦しむ人々が大勢いる。
では、どうやって平和を実現したらよいのだろうか。

何気なく見た青い空。
しかし、空が青いのは当たり前ではない。
毎日不自由なく生活ができること、争いごとなく安心し
て暮らせることも、当たり前だと思ってはいけない。
なぜなら、戦時中の人々は、それが当たり前にできなか
ったのだから。

日常の生活の一つひとつ、他の人からの親切一つひとつ
に感謝し、他の人を思いやるところから「平和」は始ま
るのではないだろうか。

そして、唯一の被爆国に生まれた私たち日本人は、自分
の目で見て、感じたことを世界に広く発信していく必要
があると思う。

「平和」は、人任せにするのではなく、一人ひとりの思
いや責任ある行動で築きあげていくものだから。

「平和」についてさらに考えを深めたいときには、
また広島を訪れたい。
きっと答えの手がかりが何か見つかるだろう。

そして、いつか、そう遠くない将来に、核兵器のない世
の中が実現し、広島の「平和の灯」の灯が消されること
を心から願っている。 (西日本新聞17年3月22日)

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

皇室の平和への思いが伝わって来ました!!


今日も最後までお付き合いありがとうございました。

ヾ(*^▽^*)oヾ(*^▽^*)oヾ(*^▽^*)o バイバイ♪
















nice!(95)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

チョコ君です、宇治平等院&嵐山①&「内閣人事局」 [ちょっとお出かけ]






こんにちはチョコ君です。
DSC_0498~2.JPG

昨日は宇治の平等院鳳凰堂と京都の嵐山へ行ったよ!
DSC_0419~2.JPG

さあ、行こうか~~o(^^o)(o^^)oワクワク
FotorCreated11.jpg

鳳凰堂、屋根の鳳凰の上にカラスがヾ(▼ヘ▼;)オイコラ
FotorCreated10.jpg

桜の花が綺麗!!(●⌒∇⌒●) わーい
FotorCreated12.jpg

FotorCreated13.jpg

FotorCreated15.jpg

宇治橋です。
FotorCreated16.jpg

平等院表参道へ
FotorCreated18.jpg

食べた、抹茶塩ラーメン、抹茶まんじゅう、お茶だんご
FotorCreated17.jpg

お茶屋さんへ、勿論「宇治茶」も買いましたよ。
FotorCreated19.jpg

こんなところに乗せられた~、屋形船だ~
FotorCreated20.jpg

嵐山は次回にm(__)m





お話し変わります。

「内閣人事局」って???


平成26年5月30日、「内閣人事局」という恐ろしい
組織が設置された。

これは各省庁の事務次官以下幹部職員、計600人の 人事権を、首相官邸に集中させ、首相の独断で官僚の 上層部の人事を左右できるというもので、戦後以来の 大激変

いくら実力や実績を積み上げても、安倍首相に嫌われた
ら出世できない。

常に安倍首相の顔色を伺わなければならない。

逆らう者には容赦せず、提灯持ちを引き立てる。 これが安倍人事の基本だ。

あの佐川理財局長が嘘までついて必死に安倍政権を守ろ うとする理由が、痛いほど分る。

逆に森友学園問題でも解る様にアベの意を酌んだ官僚の

迫田前理財局長は国税局長官に、、、、!!

要は政権の意に沿わない官僚を、要職からパージできる フリーハンドを官邸が握ったわけだ。

安倍官邸の方針に従った政策をする人物しか幹部に登用 しないということを、霞が関に叩き込むためのものだ。

最高裁判所はもちろん内閣法制局長官までイエスマンを 配置し、司法にさえ縛られない権力。

もし仮にこの権力が暴走しはじめたら日本はファシズム を許し、独裁国家になることは間違いないと思われる。

気がついたときはもう手遅れ!!

私達は、もう少し賢くあるべきだと思います!!


今日も最後までお付き合いありがとうございました。

ヾ@(o・ェ・o)@ヾ@(o・ェ・o)@ヾ@(o・ェ・o)@バイバイ♪














nice!(84)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
前の3件 | -